淡青祭総務挨拶

東京大学運動会応援部 淡青祭総務 清水 蓮也

弊部ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
本年度淡青祭総務を務めます、清水蓮也と申します。

淡青祭と申しますと、第一部で吹奏楽団が演奏と司会芸でお客様を盛り上げ、第二部でチアリーダーズが可憐さと力強さでお客様を魅了し、第三部でリーダーを中心とする三パートが応援部の誇りをお見せするという形がございます。本年度は、約半世紀かけて淡青祭が辿り着いた一つの形から、「淡青祭・定期演奏会の同時開催」へと踏み出すこととなりました。

そのような挑戦の年に、新型コロナウイルスの拡大による活動休止に襲われました。運動会各部、全国高校大学応援団、学生、応援部ファンの方々との繋がり、東大応援部の文化が失われてはならないとの思いから、本年度のスローガンを「つなぐ」と致しました。

さて、以上の淡青祭総務の意気込みは、お忘れいただいて結構でございます。
皆様には、第四十五回淡青祭・第四十六回定期演奏会にて、ひとときの夢をご覧いただこうと考えております。
第一部から第四部まで、応援部三パート八十余名の魅力をつめ込んだ本ステージを、きっとお楽しみいただけることと存じます。
旗そびえ、祭り火ともるさいたま市文化センター大ホールにて、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

末筆ながら、本ステージの開催にあたり、様々な新型コロナウイルス感染症の感染防止策を講じて参ります。来場される皆様におかれましても、感染防止策にご協力下さいます様何卒宜しくお願い申し上げます。