各パート責任者挨拶

副将挨拶

 弊部ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 本年度東京大学運動会応援部副将を務めます、福井拓海と申します。以後、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 昨今社会を脅かしてきた感染症拡大も徐々に勢力を弱め、制限は未だあるものの、少しずつコロナ前の生活が戻り始めています。それと同時に我々応援部リーダーも、今まで制限され行えなかった従来の活動を取り戻しつつあります。しかし、その際単にコロナ前の活動をそのまま受け入れては、この新しい時代に適応することはできません。コロナ禍で模索し得られた経験や知見、真価を考慮した上で、新しいリーダー活動へと昇華させていかねばなりません。そのような転換期にある本年度のリーダー方針を「換骨奪胎」としました。換骨奪胎とは、古いものに新しい工夫を加えて再生する、という意味です。一見コロナ禍で失われたと思われている活動や文化というものは、目には見えない形かもしれませんが、間違いなく我々の身体に含まれています。そのリーダーとしての魂に、この数年もがき続けて見えてきた光を加えて、さらに力強い姿へ再生させる所存で御座います。
 常に活動を行えている幸せを噛み締めながら、支えて下さる全ての人々に力を還元して参る所存で御座います。今後とも変わらぬご指導ご愛好を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

副将 福井拓海

吹奏楽団責任者挨拶

 弊部ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。本年度東京大学運動会応援部吹奏楽団責任者を務めます、平山愛梨と申します。以後どうぞよろしくお願いいたします。
 本年度の吹奏楽団方針は、「柔靭」といたしました。この言葉には「しなやかでかつ強い」という意味があります。コロナ禍で応援部としても吹奏楽団としても変化した部分があり、今後我々部員が新たな事態に直面する機会もあるかと思います。そのときに従来の枠にとらわれずに、しかしよく考えた上で自分なりの軸を持って、一人一人が何をするのがこの団体にとってベストかと常に考えて行動してほしいという想いを込めました。また、弊団体のように様々な活動を行うからには、どの活動でもよりクオリティーの高いものを目指していきたいと考えております。どのような立場でも意見することを躊躇することなく、逆に人に意見してもらったことは柔軟に受け入れて自己の成長の糧とし、一方自分がこう表現したいというものはどんどん前面に出していき、お互いに高め合っていきたいという想いも込めております。
 部員全員でより素敵な応援部吹奏楽団を作り上げていくべく邁進していく所存ですので、どうぞ今後とも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。

吹奏楽団責任者 平山愛梨

チアリーダーズ責任者挨拶

 弊部ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。本年度運動会応援部チアリーダーズ責任者を務めさせて頂きます、藤井紗里奈と申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。
 本年度チアリーダーズ方針を「燃上る」と致しました。私たちチアリーダーズの活動には、はっきりとした勝敗や正解がなく百者百様の理想があると存じます。そのような中で、一人一人が理想に向けた努力を続け、自信を持って自分にしか出せない色で輝くことで、全体として鮮やかで彩り豊かなチームを目指して参ります。また、本年度はコロナ禍で制限されていた諸活動の再開が予想されますが、自分たちの応援や演技によって人の心を動かし現実を少しでも良い方向へ変えるべく、個人としてもチーム全体としても殻を破り成長していくことを目標と致します。
 全ての活動に対し熱を持って真摯に取り組み、より強く煌めくチームを目指し、これからも精進して参ります。本年度も変わらぬご支援ご指導の程宜しくお願い致します。

チアリーダーズ責任者 藤井紗里奈