活動報告

神宮観戦記 対明治大学一回戦


9月10日土曜日、東京六大学野球第一カード、対明治大学戦が開幕致しました。

この試合の先発は先日プロ志望届を提出した井澤投手。立ち上がりは好調で一回ニ回を無失点で抑えます。続く三回表、1点を先制されたもののその裏に重盗選手、阿久津選手、中井選手の適時二塁打で一挙3点を獲得し逆転に成功します。しかし続く四回五回で明治大学打線がつながり、同点に追いつかれてしまいます。その後東京大学は鈴木健投手、松岡由投手が継投し無失点に抑えますが、明治大学の石原投手、蒔田投手も好投を見せ、惜しくも得点をとることができずこの試合は3-3の引き分けとなりました。

春季リーグでは基本的に外野席にて応援だったものの、今大会から内野席での応援となりました。選手達により近く、熱量も伝わりやすい内野席で応援できる喜びを噛み締めております。支えてくださってる皆様に感謝の意を述べるとともに、今後とも熱い応援をよろしくお願い致します。

吹奏楽団一年 坂下直輝