演奏会企画挨拶     

 第45回定期演奏会特設ページをご覧くださり有難うございます。本年度演奏会企画を務めております、菅沢佑太と申します。以後どうぞよろしくお願いいたします。
 本年度の定期演奏会のスローガンは「Step forward!」としました。定期演奏会はお客様に一年の集大成を披露するステージであるとともに、部員とっての一年の目標であり、そして今後の成長につながる糧になって欲しいという思いからこのスローガンに決めました。音楽やダンスが得意な人もいれば、苦手な人もいる。その中でも、各人が失敗を恐れずに挑戦し続け、自分の成長を肌で感じ、その喜びを今後の応援部生活を続ける上での大切な目標にして欲しい。「Step forward」は「踏み出す、進み出す」という意味がありますが、失敗を恐れることなく、全員が前を向いて進んで欲しいという思いを込めました。
私も応援部に入部して以来、これまでに3回の定期演奏会を経験してきました。毎年、スタッフはもちろんのこと、出演する表方の部員、そして裏方で支えてくださるOB・OGの先輩方や、各種業者の方など、定期演奏会という一日だけのステージのために、沢山の人が協力して下さっています。
定期演奏会という一回限りのステージ、それは時間にしてほんの2時間半ほどしかないのですが、その為にいろんな人が知られざる努力を重ねていることを痛感しました。私は本年度演奏会企画として定期演奏会の運営の責任者を務めておりますが、定期演奏会を成功させようという数々の部員の努力を肌で感じ、「絶対に成功させよう!」と強く思い直している次第です。
 最後に、定期演奏会は一年間の集大成であると同時に、本年度の体制で行う最後のステージでもあります。定期演奏会をもって四年間の応援部生活を引退する同期には、「一生忘れられない最高のステージ」を経験してもらいたい。引退して何十年を経た後も、「自分にとっての最後の定期演奏会で見た景色は忘れらない。」と言って欲しい。そして、来年以降も応援部を続ける後輩には、定期演奏会を自分の中での成功体験として、今後部活を続けるにあたっての大きな心の支えとなって欲しい。そう切に思います。
 定期演奏会には、ご家族、ご友人の方や、近隣地域の方、そして後輩を気に掛けてくださるOB・OGの先輩方など、毎年多数のご来場を頂いております。本年度も全部員が輝く最高のステージをお届けいたします。部員一同、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

演奏会企画 菅沢佑太