吹奏楽団責任者挨拶

弊部ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。本年度東京大学運動会応援部吹奏楽団責任者を務めさせて頂きます、長谷川楼奈と申します。以後どうぞ宜しくお願い致します。

本年度の吹奏楽団方針は、「大切に」と致しました。吹奏楽団の活動は応援、座奏、ドリルと多岐に渡りますが、一回一回の練習や応援、ステージに対して部員それぞれが自分なりの意味を見出し、想いを込め、毎回の活動を大切にすることの出来る団体を目指したいと考え、この方針を策定致しました。また、そもそも私達の活動の軸である音楽は刹那的なものであり、一度奏でられた音はもう二度と再現することは出来ません。それを踏まえ、部員には自身の奏でる一音一音を大切にして、文字通り音を楽しんでもらいたいと考えております。さらに、別の視点では自分自身や他の部員を大切にすることの出来る、気遣いや思いやりに溢れた吹奏楽団を作り出したいという思いも込められています。吹奏楽は、そして応援は仲間がいなければ成り立ちません。本年度はそのことを常に念頭に置き活動に励んで参ります。

一回一回の活動や部員のことを大切にし、音楽に真摯に向き合うことの出来る吹奏楽団を目指し、部員一同日々精進して参ります。今後とも変わらぬご支援の程宜しくお願い致します。

吹奏楽団責任者 長谷川楼奈