令和元年度春季リーグ戦 対立教大学

試合結果

5月25日(土)0-4
                        
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東京大学 0 0 0 0 0 0 0 0 00
立教大学 1 0 0 2 1 0 0 0 X 4

5月26日(日)4-2
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
立教大学 0 0 1 0 0 1 0 1 1 4
東京大学 0 0 0 1 1 0 0 1 0 2

NEWS

30度を超える猛暑の中、春季東京六大学野球最終カード、対立教大学戦が行われました。
第一試合、先発は先の対明治大学戦で好投を見せた坂口投手です。1回表、笠原選手が二塁打を放ち、続く辻居選手も出塁。二死1、3塁のチャンスを作りますが、相手校のエース田中誠也選手に抑えられ得点はなりませんでした。一回裏に先制点を許しますが、その後2・3回は、両校互いに出塁するものの得点には至らずに試合は進んでいました。試合が大きく動いたのが、4回裏。無死1、3塁のピンチから、投手エラーにより1点追加され、田中誠也選手に右前安打により更に1点追加、0−3で4回を終えました。5回裏には一死満塁から更に追加点を許し0−4とされます。その後2年の小宗投手・奥野投手が無失点に抑えるなど好投を見せましたが、打撃陣が振るわず、3塁まで進むことなくそのまま試合を終えました。
 第二試合、「4勝」という今季の目標を達成できず、未だ一勝もあげられていない東大は粘りを見せます。1回二死二塁、2回一死満塁のチャンスを作ります。3回に1失点を許しますが、4回裏、2塁に進んでいた辻居選手が、岡選手の適時打により生還し同点に追いつきました。続く5回裏にも大音選手が本塁打を放ち勝ち越しに成功します。しかし立教もすぐ1点を返し、同点とされました。6・7回はお互い追加点を許しませんでしたが、その拮抗が崩れたのが8回表の立教の攻撃です。二死1、2塁から適時打を打たれ一点追加され、3−2とされました。更に9回裏、ワイルドピッチにより三塁ランナーが生還し4−2と点差を広げられました。9回裏、武隈選手が安打を放ち1塁に進みますが、続く岡選手は空振り三振。二死一塁の場面で代打青山選手が登場しますがゴロに終わり、試合は立4−2東で敗北しました。
 最終カードは、出塁しても得点につながる機会が少なく、チャンスをモノにできるあとひと押しを、私たちが選手の方々に届けることができませんでした。今季全敗という結果に終わったものの、かつて東京大学運動会硬式野球部が巻き起こした「旋風」を、秋季リーグ戦こそ必ず巻き起こせる様、私たち東京大学運動会応援部も精一杯応援してまいります。私たちが選手の方々に届ける事のできる応援は小さいものであるかもしれません。それでも、私たちの声援、ダンス、音楽が少しでも選手の方々の支え・励ましとなれる様、全力で活動して参ります。
チアリーダーズ二年 頼岡由梨奈
チア