平成28年度春季リーグ戦 対慶應義塾大学

試合結果

4月30日(土)1-6                         
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東京大学 0 0 0 1 0 0 0 0 01
慶應義塾大学 1 0 1 0 0 3 0 1 X 6

5月1日(日)9-4
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
慶應義塾大学 0 3 2 0 1 2 1 0 0 9
東京大学 0 0 1 0 1 0 1 1 0 4

NEWS

東京六大学野球春季リーグ戦も折り返し地点を迎えました。第三カードは対慶應義塾大学戦です。第二カードでは強豪明治大学に勝ち星をあげ、勢いに乗っている東大野球部。悲願の勝ち点へ向け、野球部・応援部共に気合十分で臨みました。
第一回戦は慶應義塾大学のエース加藤投手から9安打を放つも、1-6で敗北してしまいました。1、3回にタイムリーヒットを打たれてしまったものの、4回には一死三塁から田口選手が内野安打を放ち1点を返します。しかしその後もチャンスをものにできず、慶應義塾大学の強力打線に押されてしまいました。
第二回戦は慶應義塾大学12安打に対し東京大学11安打と乱打戦となりました。3回までで5点を入れられてしまったものの、後半流れを取り戻し追い上げを図りました。田口選手・桐生選手のタイムリーヒットなどで4点を得点し、粘り強く攻め続けましたが、9-4で敗北してしまいました。
第四カードは対立教大学戦です。強豪慶應を相手に4点を得点出来たことを自信に変え、次こそは勝利を手にしましょう。
チアリーダーズ二年 安田茉央

部員の声


暖かい日差しの中で行われた、春季リーグ戦対慶應義塾大学戦第一回戦は両校のエース対決となりました。宮台投手は、初回に慶應義塾大学に先制点を取られ、三回にも追加点を与えてしまいます。しかし、東京大学は四回、山田選手の安打と盗塁でチャンスを作ると、田口選手の内野安打の間に一点を返します。その後も二死満塁とチャンスは続きましたが、追加点をあげることはできませんでした。試合の後半に入っても慶應義塾大学に追加点を取られてしまい、東京大学もチャンスは訪れても得点できないという苦しい展開が続き、結果敗戦となってしまいました。
前回のカードで明治大学から勝利を挙げた東京大学野球部の方々は、勝ち点まであともう少しのところまで来ています。本日も敗戦はしたものの、再三チャンスを作るなど東京大学野球部は着実に力をつけてきています。春季リーグ戦はまだまだ続くので、残り2カードで東京大学が勝利、そして勝ち点をあげられるよう、私たちも全力で後押しして参りたいと思います!皆様も応援よろしくお願い致します!
吹奏楽団二年 佐藤あかり

部員の声


応援席が真っ青に染まる淡青の日、朝早くから本年度限定「闘魂」の文字入り淡青タオルのためにたくさんのお客様が並んで下さいました。今年一番の盛り上がりの中、東京大学は11本のヒットを放ち、攻撃回には毎回のように「不死鳥の如く」が流れましたが、慶應義塾大学の強力打線を相手に点差を詰めきることができず、4対9で敗北してしまいました。昨シーズンもこの淡青の日にはたくさんのお客様がいらして下さいましたが、野球部の方々が例年以上の強さを発揮されている今シーズンは、お客様からのご声援もより力強いものになっていると感じました。私たち応援部も新人を加えた4学年で、例年とはひと味違うパワフルな応援を目指して参ります。来週も引き続きご声援の程宜しくお願い致します。
チアリーダーズ二年 神前梨理子