指揮・楽器紹介

指揮

【指揮とは】
主として手と腕の身振りだけによってどのように演奏するかをプレイヤーに指示を出す人のことです。学生中心に活動している私たちの団体では合奏を取り仕切ります。また、応援時における指揮も行います。

【指揮挨拶】
本年度東京大学運動会応援部吹奏楽団の指揮を務めております、石高裕希と申します。以後宜しくお願い致します。
私達吹奏楽団の活動の三本柱、それは応援、演奏、ドリルですが、その中でも演奏というのは、全ての活動の根幹を貫く、いわば全ての土台となる活動です。そこで一番中心となり取り纏め役を担うのがこの指揮という役職です。
我々は様々な形でその「演奏」をお届けします。ですから、吹奏楽の持つ多彩な魅力を存分に、様々なアスペクトから発揮し、それを伝え、経験できるのが当団体の魅力です。
経験の有無は問いません。誰でも必ず楽しめます。
私達と一緒に、いろいろな音楽の世界を覗いてみませんか?
 
 
応援部吹奏楽団で使用している楽器を紹介します!

Flute&Piccolo

時には甘く切ない旋律を歌い上げ、時にはキラキラしたかわいらしい装飾を奏でる。
そんな風に様々な場面で音楽に彩りを与えるのがわたしたちフルートのお仕事です!
フルートならではの美しい音色は一度聴いたら忘れることは出来ません!
おしとやかなイメージを持たれがちですが、応援では他のどの楽器より高い音が出るピッコロという楽器も一緒に使って演奏を引っ張ることも出来ちゃいます!
フルートパートは現在、四年生1名、三年生1名、二年生1名の計3名でどこよりもにぎやかに活動しています!仲の良さと元気の良さは絶対に負けません!
これを読んだあなたはもうフルートパートに入ったも同然です!
是非一緒に素敵な4年間を送りましょう ♡

Clarinet

クラリネットは吹奏楽でトランペットと並んでメロディーを奏でることが多い楽器で、吹奏楽のバイオリンとも呼ばれます。

金管楽器とはまた違った、柔らかな音色で聞いている人を優しい気持ちにしてくれます。

また、一般的なB♭クラリネットの他にも、高音のE♭クラリネットや低音のバスクラリネットなど、様々な種類があります。
クラリネットパートは現在、四年生2人、三年生1人、二年生2人の計5人で活動しています!

初心者、経験者問わず、新しいメンバーを絶賛募集中です!!
みんなで楽しくクラを演奏しましょう!

Saxophone

甘くて優しいけれど、時に激しく力強い、頼れる音色。
優しくて心があるけれど、柔らかくて色っぽい音色。
そんな理想の男性や女性のような楽器、それがサックスです。

サックスは、見た目は金管楽器のようですが、実は木管楽器であり、音も柔らかい音からはっきりとした明るい音まで、表現できる幅が非常に広いため、あなた次第で表現の可能性が広がっていきます。
サックスパートは現在、四年生1人、三年生2人、二年生1人、計4人で活動しています!
私たちと一緒にサックスを吹いてみませんか?

Trumpet

吹奏楽界の花形楽器、トランペット!小さい子どもたちにも「ラッパ」としてその存在を広く知られていますね。

一般的な金管楽器の中で最も高い音域を担当するトランペットは、優しく美しい音からファンファーレ・ポップスなどの明るい音、ここぞという時の力強い音まで、その音色は自由自在♪ 様々な場面で主役として活躍できます!
トランペットパートは現在、二年生2人で活動しています。

個性派揃いの我々と共に、演奏・ドリル・応援とどこでもスター、トランペットの世界に飛び込んでみませんか?

Trombone

ある時はキレのある華やかな音色を、ある時は重厚なハーモニーを、そしてまたある時は軽快な音を奏でるトロンボーンは、どんな場面でも大活躍の楽器です。

とても長いこの楽器は他の楽器と一味違い、スライドの長さで音を変えます。
そして応援・ドリルでは、その長いスライドを利用した派手なアクションで、どんな楽器よりも目立ちます!
トロンボーンパートは現在、四年生1人、三年生1人の計2人で楽しく活動しています!

現在新入生大募集中です!!!ぜひ私たちと一緒に充実した大学生活を送りましょう!!

Horn

ホルンは吹奏楽で中・低音域を受け持つ楽器として旋律やハーモニーを任せられています。

豊かな音色でメロディーを奏でたかと思えば、今度は伴奏として柔らかな音色でハーモニーを奏で、時にはひたすらリズムを刻んでバンド全体を支える……。
そう、ホルンは吹奏楽の万能戦士なのです!
そんなホルンパートは三年生1人、二年生1人の計2人で活動しており、現在一緒に活動してくれる新入生を大・大・大募集中です!

経験者は大歓迎!未経験者も大歓迎!ホルンに興味がある人、楽器を吹けるようになりたい人、新しいことを始めたい人、挑戦したい人、いつでもお待ちしています。

Euphonium

吹奏楽に馴染みのない方はユーフォニウムという楽器をご存じないかも知れません。
ユーフォニウムとは、丸みを持った優しく豊かな音色が特徴の金管楽器です。

吹奏楽においてはまさにマルチプレイヤーで、メロディを吹いたかと思うとハーモニーにうつり、そしてチューバと一緒に低音を響かせたかと思うと対旋律にうつり、時にはソロもあり……と様々な役割を担っています。
ユーフォニウムパートは四年生1人、三年生1人の計2人で活動しています。

ユーフォニウムは、柔らかい音色が魅力の楽器です。一度その音色を聴けば、虜になってしまうこと間違いなし!

現在、新しいメンバーを大募集中です!ユーフォニウムパートで、一緒に吹奏楽を楽しみましょう!

Tuba

チューバ(またはテューバ)は金管楽器の中では最も大きく、吹奏楽では最低音域を担います。
合奏では曲の土台を作る上で必要不可欠なパートです。
ハーモニーでは安定感を出し、ポップスやジャズではリズムを作り出します。余すところなく存在感を出せるパートなのです。まさに、縁の下の力持ち!
なお、応援とドリルに際しては、チューバでは無くスーザフォンを扱います。
スーザフォンは、マーチング等の屋外での立奏を前提として設計された楽器で、基本的な役割はチューバと同じです。

現在チューバパートは四年生1人、三年生1人の計2人で活動しています。
是非チューバパートで一緒に吹奏楽を楽しみましょう!

Percussion

パーカッションとは、いわゆる打楽器です。
管楽器のようにメロディーを奏でることはありませんが、曲の雰囲気、ノリ、テンポなど、吹奏楽に必要不可欠な要素を担っている、といっても過言ではありません。

言ってしまえばパーカッションパートは演奏、ドリル、はたまた応援においても或いは吹奏楽団を軸となって支える縁の下の力持ちでもあり、吹奏楽団のスーパースターでもあるのです。
パーカッションは吹奏楽だけど吹かない、でもパーカッションのいない曲なんて考えられない!
演奏、ドリル、応援でマルチに活躍できる、最高にカッコいいパートなのです!

現在パーカッションパートは四年生3人、三年生1人で活動中です。

皆さんも一緒に熱いビートを刻みましょう!

リーダー紹介へ HOME チアリーダーズ紹介へ