令和元年度秋季リーグ戦 対法政大学

試合結果

10月26日(土)0-2
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東京大学 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
法政大学 0 2 0 0 0 0 0 0 X 2

10月27日(日)6-4
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
法政大学 0 0 0 1 0 0 2 1 2 6
東京大学 1 0 2 0 0 1 0 0 0 4

NEWS

今年度リーグ戦最終カードとなる、対法政大学戦が10月26日、27日に行われました。硬式野球部、そして応援部の四年生にとって最後の試合であり、「絶対にこのままで終わらせない」という強い思いがにじみ出た試合となりました。 第一試合、一回表で辻居選手がツーベースヒットを放ち、初回から流れを東大に持っていきます。しかし二回裏、法政大学が二死満塁のチャンスを作り出し、船曳選手がタイムリーヒットを放ち、2点の先制を許してしまいます。しかしその後は小林大雅選手がテンポの良い投球で得点を許しません。5回表、大音選手がスリーベースヒットを放ちチャンスとなりましたが、得点にはつながりませんでした。最後まで両者固い守備を崩さず、結果は0-2となりました。 第二試合、一回裏で新堀選手がツーベースヒットを放ち、送りバントを挟んでタイムリーエラーの間に東京大学が1点を先制します。さらに三回裏、青山選手がタイムリーツーベースヒットを放ち、2点を獲得し、一気に3点差を付けます。四回表、法政大学がタイムリーツーベースヒットを放ち1点を失うも、流れはまだまだ東京大学の方にあります。六回裏には小林大雅選手がタイムリーヒットを放ち、さらに一点を獲得。応援席は勝利ムードに包まれました。しかし七回表、法政大学が反撃に出ます。法政大学の齊藤選手がタイムリーツーベースヒットを放ち、一気に点差を一点まで縮めてきます。さらに八回表、法政大学福田選手がホームランを放ち、同点にまで上り詰めます。九回表、法政大学はヒットを連発し逆転されてしまいます。最終回、東京大学の応援にもさらに力が入りましたが、一歩及ばず、結果は4-6と、法政大学の逆転勝利を許す結果となってしまいました。 前半は完全に東京大学のペースであり、皆一度はその勝利を確信したということも相まって、今回の結果は大変悔しいものとなりました。しかし、今回の試合の、応援席が一体となる感覚は一生忘れることはないでしょう。来年こそは皆さまと勝利の喜びを分かち合いたいと、部員一同強く思っております。今後も応援よろしくお願い致します。
吹奏楽団二年 坂間遥