ドリル紹介
東京大学で「ドリル」を体験できるのは応援部吹奏楽団だけ!
でも「ドリル」って何だろう……
そんなあなたにこのページではドリルについて詳しく紹介します!

Ments

Ments(メンツ)とはInstrumentsの略であり、ドリル時に楽器を吹いて歩く人のことです。
座奏は演奏そのものでステージを作りますが、メンツは更に足並みをそろえて隊形を変化させ、演奏とフォーメーションの相乗効果でステージを作ります。
歩き方は「コースタイル」と呼ばれるもので、滑らかな動きが特徴です。
コスチュームは応援部吹奏楽団独自のもので、回転すると翻る白いタスキが特徴です。

Horns

Battery

Mentsのうち、管楽器を担当する人のことです。
我々の団体におけるドリル時の編成は座奏時とほとんど変わりません。そのため、木管楽器・金管楽器のどちらにも見せ所があります。前者は要所要所に出てくる特徴的な表現を、後者は輝かしい音色によるマーチングならではの表現を得意としています。 楽器にはマーチング用に、音の遠達性を求めて設計されたものもあります。例えばホルンは、ドリル時にはフロントベルの形をしているマーチングホルンを使用します。チューバも、マーチングでの使用を目的としたスーザフォンやマーチングチューバを使用します。
Mentsのうち、打楽器を担当する人のことです。
こちらは座奏の打楽器とは完全に異なる仕様です!
【スネアドラム】
いわゆる小太鼓のことで、ビートを刻むバッテリーの要です!テンションを大きく上げ、非常にハイピッチに作られています。
【クイントタム】
テナードラム、マルチタムなどとも呼ばれます。音程の違う5つのタムが組み合わさっていて、独特な響きが特徴です!
【バスドラム】
いわゆる大太鼓のことで、音程の違うバスドラムを用いることで表現の幅が広がります!
【シンバル】
要所要所で鳴り響き、華やかなサウンドを作ります!

Drum Major

【ドラムメジャーとは】
マーチングにおける総指揮者の事であり、ドリル全体のステージ構成の考案・メンツの練習の仕切りなどを行います。パレードの際はバトンにより指揮を行います。

【ドラムメジャー挨拶】
本年度、東京大学運動会応援部ドラムメジャーを務めます、菅沢佑太と申します。
ドリルは、演奏しながら歩いて隊形を作ったり、演奏にのせて旗を振ったりするなど、視覚的にも音楽を表現することができます。吹奏楽初心者の人はもちろん、経験者の人でも新しい音楽の魅力に出会える場だと思います。ステージを完成させることは簡単なことではありませんが、お客様に大迫力のステージをお届けし、感動を与えることができたときの喜びは何事にも代えられないものです。
楽器の吹き方も、基礎の歩き方も上級生が丁寧に教えるので、初心者の人でも何も心配はいりません。応援部吹奏楽団のドリルステージには、全プレイヤーが輝ける場があります。
皆さんと一緒にステージを作り上げられるのを心から楽しみしています。
新入生の皆さんをお待ちしております!

Color Guard

旗などを用いて視覚的な表現を担う人のことをColor Guard(カラーガード)といいます。
色とりどりの旗、小物、様々な衣装を用いて体全体で音楽を視覚的に表現することで、ステージに華やかさを加えます!綺麗にそろった旗や一人一人の表情にも注目です♪

Guard Chief

【ガードチーフとは】
カラーガードにおける総指揮者の事であり、ガードの演出の考案・ガードの練習の仕切りなどを行います。

【ガードチーフ挨拶】
本年度、東京大学運動会応援部ガードチーフを務めます、今吉俊輝と申します。宜しくお願い致します。
カラーガードはドリルにおいて、旗やライフルなどの手具を用いながら、自分の身体を使って音楽を表現します。時にカッコ良く、時に優雅に舞い、ドリルステージをより一層華やかにする役割を担っています。
ダンスに近い要素もありますがそれほど運動神経は求められず、旗やライフルを投げたり出来る楽しさは独特のものがあります。
少人数だからこそ先輩後輩の仲も良く、練習もオフも楽しく活動しています。全員が初心者からのスタートですが1年目の定期演奏会では一人前に演技が出来るようになります!音楽も好きだけど体も動かしてみたいという方、興味を持って頂けたらぜひ見学にお越しください!

Cheer

ドリルでは、同じ応援部のチアリーダーズと共演することもあります!
メンツとチアで息を合わせたダンスをしたり、スタンツと呼ばれるチアの大技を囲んで演奏したりします。
こんな華やかなコラボができるのも応援部吹奏楽団ならではです。

リーダー紹介へ HOME チアリーダーズ紹介へ