平成30年度春季リーグ戦 対早稲田大学

試合結果

5月5日(土)0-1
                        
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東京大学 0 0 0 0 0 0 0 0 00
早稲田大学 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1

5月6日(日)5-3
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
早稲田大学 0 1 0 0 0 2 0 0 2 5
東京大学 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3

NEWS

ゴールデンウィーク真っ只中の5月5日、普段にも増し神宮球場が熱気で包まれる中第3カード対早稲田大学戦が始まりました。東京大学の先発は好調が続く小林選手。ランナーを出してしまうものの各回を最後まで丁寧に投げ切り早稲田大学の得点を許しません。しかし対する東京大学の打線は5回岡選手の安打や続く岩田選手の犠打、土井選手の内野安打でランナーを1、3塁まで進めますが得点には結びつかず、好投を続ける小林選手を援護することが出来ません。その後もチャンスを生かすことが出来ず、両チーム無得点で迎えた9回裏、早稲田大学に1点を奪われ、悔しい敗戦となってしまいました。翌日5月6日の第二戦、東京大学の先発は有坂投手。2回早稲田大学に先制を許してしまいます。その裏の東京大学の攻撃では、岩田選手が左前安打、土井選手が四球を選び、ランナー1、2塁のチャンスの場面で新堀選手が見事なスリーランホームランを放ち逆転に成功します。しかしその後はチャンスを得点に繋げることが出来ず、6回には早稲田大学に同点に追いつかれ、さらに9回に追加点を許してしまい5-3で敗戦となってしまいました。
今回の二試合はどちらも接戦の末の負けとなってしまいました。特に第一回戦では東京大学に流れが来ている試合展開の中で、最後まで得点することが出来ず、私共の応援であと一押し出来なかったのか、精一杯戦っている選手にもっと寄り添うことが出来なかったのかと非常に悔しい思いが残ります。
春季リーグの序盤では相手に大量得点を与えての敗戦が目立ちましたが、試合を重ねるにつれ東京大学の勢いが増していることを日々実感しております。春季リーグも既に後半戦に入っております。残る第4カード、第5カードでは必ずや勝利、勝ち点共に掴み取れるよう今カードの反省を胸に全力で応援して行く所存です。
吹奏楽団二年 大野佳穂
チア