平成30年度秋季リーグ戦 対慶應義塾大学

試合結果

9月8日(土)4-6
                        
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
東京大学 3 0 0 0 0 0 0 1 04
慶應義塾大学 0 2 4 0 0 0 0 0 X 6

9月9日(日)10-4
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
慶應義塾大学 0 0 1 0 0 6 1 0 2 10
東京大学 0 0 1 0 0 3 0 0 0 4

NEWS

9月8日、まだまだ厳しい残暑の中本年度の東京六大学野球秋季リーグ戦が開幕しました。開幕に先立ち、東京大学運動会応援部チアリーダーズKRANZによる華々しい開幕演技が行われ、東京大学応援席は熱気に包まれました。 第一回戦、先攻の東京大学は先頭打者の笠原選手のヒットから始まり、2アウトから岡選手の先制3ランホームランが飛び出しました。一挙3得点の快挙に応援席の盛り上がりは最高潮に達しました。守備では先発の小林投手が粘りのピッチングを見せます。2回、3回と慶應義塾大学に得点を許してしまいますが、リリーフの宮本投手、有坂投手、そして一年生の奥野投手が追加得点を許しません。3点を追う東京大学は8回、またも2アウトから岡選手のタイムリー2ベースヒットで1点を返します。野球部の方々の決して勝利を諦めない姿勢がひしひしと伝わってきました。その後も反撃の機会を伺いますが、惜しくも4-6で敗戦を期してしまいました。 9月9日、前日の悔しさをばねに野球部、応援部ともに気合の入った一戦となりました。第二回戦の先発は有坂投手。好投が続き、慶應義塾大学に得点を許しません。3回表に1点先制されるも、きっちりと取り返し、5回まで1-1の拮抗した戦いが続きました。6回には6点の大量得点を許してしまいますが、その裏、東京大学は再び反撃に出ます。辻居選手のタイムリーヒット、青山選手のタイムリー2ベースヒットなどで3点を返します。逆転をめざし、チーム一丸となって健闘しますが慶應義塾大学に追加得点を決められてしまい、10-4での敗北となりました。 リーグ戦3連覇を目指している慶應義塾大学相手に、接戦の末、二連敗で勝ち点を献上することとなった今カード。大量失点の場面で応援席の雰囲気を変えることができなかったことに自戒の念が残ります。厳しい夏の練習を経て、春季リーグの際から大きく成長したプレーを見せてくださる野球部の方々に精一杯寄り添った応援が出来ます様、我々応援部も励んでいきたいと考えております。残り4カードでは、必ずや勝利し、そして勝ち点を手する為にこれからも変わらぬご声援を宜しくお願い致します。
吹奏楽団二年 長谷川楼奈
チア